« 2007年03月 | 最新のエントリー | 2007年05月 »

2007年04月26日

●【祝】入学&1歳6ヶ月

僕のブログには以前から度々登場しているので一部では有名な姪っ子のちーちゃんですが、
今月なんと小学校に入学しました!

前歯抜けてますよ。


ちーちゃんの妹、りおちゃんは1歳と6ヶ月になりました!
からだであそぼで、ケイン先生の沖縄空手を学習中。


鼻タレてますよ。

2007年04月18日

●御愛読者のみなさまへ

寺とロックをRSSリーダーなどに登録して下さっているみなさまへ。

 

これまで寺とロックのRSSフィードを読んでいた方はお気付きだと思いますが、フィードに改行が入っておらず読みにくい状態でした(画像:左)。
livedoorのブログなんかでは綺麗に改行が入っているので不思議に思っていたのですが、理由はMovable Typeのデフォルト設定にありました。

atom.xmlとindex.xmlにテキストフォーマットの指定をする変数タグがあるので、convert_breaks="0" を convert_breaks="1" に変えればOK。これで改行と段落分けのタグが入るようです。

調べれば3分で解決する初歩的なレベルの問題なのに、今まで放置してました。
本業でないとはいえ、やはりちゃんと勉強しないといけないなぁと思った次第です。

2007年04月04日

●パッと見で読むクセ

見栄晴さん、ご結婚おめでとうございます
奥さんの名前がウチと一緒ですね(漢字が違うけど)。きっと素敵な方なんでしょう…


随分と昔の話ですが。
ある日の朝、携帯に当時の彼女から興奮気味のメールが届いた事は今でも忘れません。


「こうちゃん!いま京王線の車内にミエハルがいるよ!同じ車両に乗ってる!!!」


記憶は不確かやけど、時期的におそらくF1の鈴鹿GPの前後か何かで、僕はてっきり

ミハエル・シューマッハがなぜ京王線に!?!?」
と盛り上がったのを憶えています。

冷静に考えればミハエルとは書かずにシューマッハと書くやんな、普通。
ちゅうか見栄晴を片仮名で書いてくるなよな、という教訓でした。


あ、あともうひとつ。


たまに京都新聞に広告を打っているペットショップの事なんやけど、ミニチュアダックスの事を文字数節約のためか「M・ダックス」と書くのをやめて下さい。

僕は毎回「ミハエル・ダックス」ってどんな犬なんやろ??と考え込み、朝の貴重な1分30秒を損します。

 

写真は妻の実家にいる、M・ダックスのアンディ。
僕の布団にもぐり込み、顔をペロペロ舐めてきます。
が、僕は犬アレルギーのため、クシャミと鼻水が止まらなくなります。
こないだは花粉症とのダブルパンチで1年分の鼻水を金沢で出してきました。
でもめっちゃカワイイねん、アンディ。

2007年04月02日

●非可逆圧縮の世界

今日はJAZZのライブに行って非常に大きな衝撃を受けて帰ってきたのですが、その話はまた後日書くとして。

またAppleネタで恐縮ですが…

本日、ビートルズで有名なEMIがプレス向けに行ったイベントにAppleのCEOスティーブ・ジョブズが出席したのですが、そこで発表されたのが…


来月からiTunes StoreでDRMなしの楽曲を、256kbpsのAACで販売する」というもの。
※DRMって何じゃそりゃ?な人はココでも読んでみて下さい。


奇しくも前回のエントリーで紹介した坂本氏のインタビュー

「DRMは早く無くして欲しいな」

という発言がありましたが僕ももちろん、少なくとも大多数のユーザーはDRM撤廃には大賛成でしょう。


しかし僕にとっての大きな問題は、DRMの事ではなくビットレートが従来の128kbpsから256kbpsにアップグレードされている点です。
※現在、iTunes Storeで販売されている楽曲は128kbpsのAACです。


試しにWilcoの"Sky Blue Sky"を256kbpsと128kbpsでそれぞれエンコード(この場合、CDをMPEG-4のAACに圧縮すること。つまりiTunesにCDを読み込ませることです)してみました。結果は下の画像の通りです。ビットレートが倍になるという事は、単純に容量もほぼ倍になっています。


 


僕がiTunesに読み込ませている楽曲はすべて128kbpsでエンコードしています。今でさえ僕の持っている60GBのiPodには15,000曲しか入らないのに、256kbpsでエンコードし直すと半分の7500曲しか入らない計算になります。

いま現在、iTunesに入っている2376枚のアルバムをもう1度読み込み直すのは正直ムリです。
気力体力共に限界です。


そこで2年ほど使っているヘッドフォン(SENNHEISERのHD25)で256kbps、128kbpsの同じ楽曲を聴き比べしてみました。すると、幸か不幸か僕の耳ではその差が判りません。
この曲は256、こっちは128と知りながら聴き比べるとプラシーボ効果のためか、少し違うように感じない事もないでしょう。でもブラインドテストをやると、普通の人間が違いを聴き分けるのは難しいと思います。(ただクラシック音楽のようにダイナミックレンジの広い音楽は別でしょうが…)


まぁとりあえず、結論としては、これまで読み込んだ楽曲は128kbpsのままでいいか…という事になりました。
が、まだ読み込んでいない大量のCDおよびこれから購入するCDは128?256?どっちでエンコードするか悩むところです…

みなさんは何kbpsで読み込んでいるんでしょうか?