« 2007年06月 | 最新のエントリー | 2007年10月 »

2007年09月28日

●8(x x)8

先週末から、非常に落ち着きのないナカコーです。
その理由は

KAWSコンパニオンのダース・ベイダーが遂に発売!!
こ、これは絶対に欲しい…

しかし、南青山のOriginalFakeのみでの販売。
土曜日の朝8時から整理券の配布、そして抽選。

妻にどんないい訳をして買いに行くのか?
そもそもフィギュアを買うことを、どうやって了承していただくのか…?
その事ばかりを考え、考え、考えて、落ち着きがない状態の数日間でした。
そして遂に、ひとつの結論に達する。


買いに行くのはムリだ!
ここは最後の手段、オークションしかない…

ウチから表参道までの交通費は片道14,000円。往復で28,000円!
定価17,640円のフィギュアを買うために、プラス28,000円 !?
プレミア値でも5万程度なら、交通費など諸々を考慮すると別に高くないはず。


でもオークションでは、それ以上の値段が付くんやろうなぁ。
4年前ならバイクでちょこっと買いに行ける距離やったのに。思えば遠くへ来たもんだ…

vader.jpg companion.jpg

続きを読む "8(x x)8"

2007年09月15日

●こんにちは、SR。

お久しぶりです。
書きたい事が山のようにあるような気がすると同時に、何もないような気もしますが…
まずは前回のエントリーの続きです。

塩原と別れてから3時間後、新しい相棒のSRがやってきました。

 

1978年に発売されて以来29年間、基本的な設計をほとんど変えていないバイク。
4ストローク空冷SOHC2バルブ単気筒、キックスタートのみのシンプルな構成。


ハーレーでさえ現行車は全てインジェクション化されている現在、SRはキャブレター車です。

しかし世界一厳しい排ガス規制に対応させるために、来年の新車は恐らく従来のエンジンでは発売されないでしょう。この2007年モデルが、SR最後のキャブ車になってしまうのは確実のようです。


僕はカスタムという名の部品交換をしてマシンのバランスを壊すような事はしませんが、オイルキャップだけ替えました。RR社の油温計です。

 

メーター部分にシリコンオイルが封入されているので、油温計にありがちなガラス面の内側に水滴が付いて曇る、といった事がありません。またSRはビッグシングル故に振動が激しく、針が取れてしまう事もあるようですが、この油温計ならその心配も無さそうです。

前のSTEEDとはライディングポジションもエンジンのフィーリングも全く違うため、最初の日は戸惑いもありました。でも1000km乗ってみて、今はこのバイクの楽しさに夢中です。無音で静かに走るプリウスもいいけど、やはり僕はこの不便極まりないバイクという乗り物が好きなようです。



※小ネタ
バイクなどを扱うヤマハ発動機楽器などを扱うヤマハとでは、ロゴが微妙に違います。
さて、どこが違うのでしょうか?上記リンク先のロゴを見て考えてみよう!