« さよなら、塩原。 | 最新のエントリー | 8(x x)8 »

2007年09月15日

●こんにちは、SR。

お久しぶりです。
書きたい事が山のようにあるような気がすると同時に、何もないような気もしますが…
まずは前回のエントリーの続きです。

塩原と別れてから3時間後、新しい相棒のSRがやってきました。

 

1978年に発売されて以来29年間、基本的な設計をほとんど変えていないバイク。
4ストローク空冷SOHC2バルブ単気筒、キックスタートのみのシンプルな構成。


ハーレーでさえ現行車は全てインジェクション化されている現在、SRはキャブレター車です。

しかし世界一厳しい排ガス規制に対応させるために、来年の新車は恐らく従来のエンジンでは発売されないでしょう。この2007年モデルが、SR最後のキャブ車になってしまうのは確実のようです。


僕はカスタムという名の部品交換をしてマシンのバランスを壊すような事はしませんが、オイルキャップだけ替えました。RR社の油温計です。

 

メーター部分にシリコンオイルが封入されているので、油温計にありがちなガラス面の内側に水滴が付いて曇る、といった事がありません。またSRはビッグシングル故に振動が激しく、針が取れてしまう事もあるようですが、この油温計ならその心配も無さそうです。

前のSTEEDとはライディングポジションもエンジンのフィーリングも全く違うため、最初の日は戸惑いもありました。でも1000km乗ってみて、今はこのバイクの楽しさに夢中です。無音で静かに走るプリウスもいいけど、やはり僕はこの不便極まりないバイクという乗り物が好きなようです。



※小ネタ
バイクなどを扱うヤマハ発動機楽器などを扱うヤマハとでは、ロゴが微妙に違います。
さて、どこが違うのでしょうか?上記リンク先のロゴを見て考えてみよう!

コメント

SR!!
オイルキャップええなぁ
それつけたらどうなんの??
温度がわかるん??
気になるSRの名前は??

あと一番上の重森美玲の庭ええなぁ

塩原って名前だったんだ…
知らなかったよー。後輩君のお名前は?
って、あれ?男の子?

>KEND
油温計のセンサー部がオイルに接地していないので、オイルタンク内の雰囲気温度を計ってます。
でもオイルの温度なんて公道を普通に走ってる分には気にしないでいいから、単なる飾りやな。

7月に京都でケンヂに会った日、実は重森三玲庭園美術館に行こうと思ってたんや。
今度帰ってきたら、一緒に行こう。


>ちぃさん
塩原って名前、ほとんどの人が知らなかったという事実に気づかされました。
ケンヂでさえ、知らんかったくらいやからなぁ…

このバイクの名前は「柘植(つげ)君」なんやけど、そう呼んでいたのは最初の3日間だけ。
性別はもちろん、男。もうすぐ生まれて4ヶ月なので、犬で言うと6才くらいかな?

かっこいい~!!!

素直に。

リエコでも乗れるかな??