« 2008年04月 | 最新のエントリー | 2008年06月 »

2008年05月31日

●THE CLONE WARS

ついにキタ!!!!!!!!!

スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ
日本語オフィシャルサイト

8月23日 (土) 全国ロードショー!
あと3ヶ月!


Apple USサイトに1080pのHD版予告編が。
フルスクリーン&大音量で是非!
僕は100回見ました。


フィギュアのほうは・・・GentleGiantのAnimated Maquetteシリーズの新シリーズがリリース。第一弾はエピソード4のオビ=ワン・ケノービとエピソード1のダース・モール
Amazonではどちらも10月25日発売予定です。

ホントは今週見に行ったPaul Thomas AndersonのThere Will Be Bloodのことを書きたかったんやけど… (前作Punch-Drunk Loveで失墜した信用を取り戻す、大傑作でした)

2008年05月25日

●寺で寝不足

いろいろ忙しく、前回のエントリーから1ヶ月以上経ってしまった。
でもそのあいだに貴重な体験をしたので、これだけは書いておきたいと思います。


ゴールデンウィーク中、某県のとある寺に泊まることになりました。
しかも宿坊ではなく、本堂に。仏像オンパレードの本堂に…。

仏像マニアの僕が仏像で溢れ返った本堂に泊まる。これは小学生にトイザらスの中で寝ろと言ってるようなものです。寝られる訳がありません。瞼を閉じるのが勿体ない。ゴロンと横になって天井を見上げても、この有り様(2枚目の写真)

 

僕は仏教徒ではありませんが、仏像が好きです。
仏像が好きだ、と言うと「宗教!?」「年寄りの趣味!?」と怪訝な顔をする人もいますが…

フェノロサ以降、仏像には「信仰の対象」という本来の目的とは別に「美術品」という視点が与えられました。サン・ピエトロのピエタを見て美しいと感じるのと同様に、日本の仏像を見てそう感じるのはごく自然なことです。まぁ僕の場合はスター・ウォーズのフィギュアを見て興奮する感覚と同じなのですが。立体造形フェチなんでしょうか。とにかく好きなんです。でもヴィンテージ物限定。新しくても江戸時代モノくらいでないとグっときません。


話が逸れましたが、やはりその夜は一睡もできませんでした。そして静寂な空間で、何かを信じてストイックに生きることの尊さについていろいろと考えました。